Neulandマーカー購入について

ここ最近Neuland(ノイラントと読みます)マーカーの購入相談をいただいています。

Neulandはドイツで作られている、Visual Practitionersの人がこぞって使うペンです。

私はペン先のしっとり感と、色味が好きで使っています。

他にも知りたい方がいるのかなぁと思い、いただいた質問を元に情報をまとめてみました。


【よくいただく質問】

①どうやって買ったらいいの?
②ドイツに行って、現地の文房具屋さんで買うことはできる?
③どのペンを買うのがおすすめ?


【回答】

①どうやって買ったらいいの?

Neulandのオンラインショップでご購入ください。
手順はナミさんがまとめてくれています。


②ドイツに行って、現地の文房具屋さんで買うことはできる?

ドイツに行っても現地の文房具屋さんでは買えません!これ、超大事!!!

bikabloのトレーナーにドイツで聞いても「Neulandのペンが買えるのはオンラインショップだけよ~」と言われました。(中国ではAmazonでも買えるが・・・でもNeulandオンラインショップ直販よりは高い感触)

【余談】
bikabloトレーニング時にNeulandマーカーが割引だったので買ったけれど、VAT(ドイツの付加価値税)がめっちゃ高く。免税対応が結構大変なので、日本からオンラインショップで(できれば割引きのある時期に)買うのが一番いろんなコスト(お金、体力、精神力)が少ないのではないかと思います。

③どのペンを買うのがおすすめ?

Neulandで主に模造紙やパネルに使う標準的なペン(細字についてはここではコメントしません)は、

1.Big one(太い平芯)

2.平芯

3.ブラシ

の3タイプがあります。色味は36色。私はほぼ持っています。

さらにこれにプラスしてインクも持っているので、いくら使ったのか・・・。

怖くて計算できない(笑)


最近ではNeulandを持っている日本の方も増えたので、持っている方にお会いしたタイミングで試し書きさせてもらうのがいいのかなーと思います。で、自分が必要なものを検討して買う。

大人買いできてしまう人はどうぞ全タイプ×全色をご購入ください(笑)

文具沼でお待ちしています・・・。

色味はこちらを参考にどうぞ。

写真の加工をしていないので、比較的そのまんまの色がでている、はず・・・。

一部持っていない無い色もあります。

3タイプはこんな感じ。

アウトライナーという主線を書くための黒ペンは、4タイプ(Big One、平芯、round nib、ブラシ)あります。私はブラシをよく使います。アウトライナーは、インクも最低1本以上買うのがおすすめです。


インクの補てん方法はこちらの動画をどうぞ。Brandyが解説しています。



ちなみにNeulandではbikabloの本も買うことができます。私が一番初めにNeulandで注文したものは、ペンではなくbikabloの本とポスターでした。


※留意事項

この記事は個人の経験に基づくものです。今後の購入時には各種情報が異なることがあります。

当ブログでは個人輸入代行や翻訳等のサポートは一切行いません。

この記事を参考にして個人輸入を行なった際に損害等が発生しても、当ブログは一切の責任を負いません。

購入はご自身の責任において行なってください。

NarratiViz

えがいたら、世界はもっと、変わってく。